イソフラボンの教科書~口コミ・レビュー満載!プエラリアから大豆イソフラボンまで~

イソフラボンについて解説したサイトです。

イソフラボンを取り過ぎるとどうなる?

健康にいい。と有名な「イソフラボン」ですが、摂りすぎには、注意しましょう。
イソフラボンの一日の摂取目安は、70mgから75mgです。
サプリメントなどで、イソフラボンを摂取する場合、一日に30mg程度に抑えてください。
普段の食事でも、イソフラボンを含む食事はたくさんあります。
大豆製品には、たくさんふくまれるので、大豆を摂取したときには、サプリメントは控えましょう。
食事で摂取する場合、豆腐1/2丁 油揚げ一枚、納豆1パックで一日の摂取目安をおおよそクリアできます。


▼イソフラボンについてより詳しくのっているこちらのサイトもおすすめです。


このイソフラボンの摂りすぎに注意というのは、サプリメントのみを摂取した場合に起こるので、普段の食生活で大豆製品からイソフラボンを摂取する場合には、気にしなくても大丈夫です。
イソフラボンは出産後の体調不良に効果的のようですので、適度な摂取をおすすめします。
また、こちらにイソフラボンの効果的な取り方についてのサイトがありますのでご覧ください。


日本食品安全委員会で発表された「イソフラボンの過剰摂取は、大豆イソフラボンアグリコン換算で、一日に150mg以上摂取する」ことを指します。
人工的に摂取する場合には、注意が必要という事ですので、
「豆腐と納豆を毎日食べている」という方も心配はいりません。
また、大豆には、イソフラボンの過剰吸収を防ぐ働きもありますので、大豆製品を過剰に食べても心配はありません。http://www.prosodicol.net/


この過剰摂取による被害は、
人工的に大豆イソフラボンアグリコンを過剰摂取することで、
女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、エストロゲンの分泌が乱れてしまいます。
そのため乳がんなどの危険性が高くなります。
また、胃腸の調子が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れてしまう。という危険性があります。
特に、「乳がん経験のある女性、乳児、ヨウ素欠乏症の疑いがある方には過剰摂取に注意が必要」という報告があります。

大豆イソフラボンのサプリメントを摂取する場合には、一日30mg以下に抑えましょう。
また、なるべく大豆製品からイソフラボンを摂取することが望ましいです。